フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

閉伊川水系

2012年9月22日 (土)

閉伊川 Part 2

Dscf0393_3

久々の釣行。モーリさんと閉伊川水系に出かけてきました。
早朝の峠の気温は10℃(苦笑)ついこの間まで20℃超えていたのでまるで冬の到来。

Dscf0389

連日の真夏日猛暑日続きで閉伊川は当然のごとく減水です。魚の反応は全くといっていいほど無し。どこに行っちゃったんでしょうか。

Dscf0387

結局こんな対岸の巻きも留守。途中退渓で山の上に行くことにしました。

Dscf0397

天気はいいけど気温がそれほど高くないので爽快です。裏道飛ばして山の上に移動します。到着すると餌釣り師が一人、ルアーマンが一人。しばらく休んで入らせてもらいました。小さなプールに良い型が浮いています。早速流すと

Dscf0398

ヒレが真っ赤なオス。これは9寸5分。まだ浮いてるので立て続けに

Dscf0402

こちらもオス。ちょうど尺ありました。

調子に乗って3匹目を狙って待っていると、ふと見ると30mくらい先のところをクマが2頭渡って行きました(大汗)。正直これだけ近くで目撃すると体が動きませんね(苦笑)。当然写真を撮る余裕なんてありません。3匹目はスレていて、フライをキャストした瞬間に白泡の下に隠れる始末(笑)。キャストを休むとまた出てきますがフライをキャストできません(苦笑)。尺上なんですがね。

気を取り直しちょっと下流の流れで定位する魚を狙うとドライですっぽ抜け。それ以降全く反応しなくなってしまったのでソフトハックルに取り替えて粘ると出てくれました。

Dscf0415

こちらは9寸ちょいくらいのオス。私はこれで十分満足。その後モーリさんがイブニングで数匹取った後、止められなくなるからと納竿。久々にいい釣りができました。多分これが今シーズン最後の釣行となると思います。

みなさんまた来シーズンお会いしましょう!!

2012年6月14日 (木)

閉伊川 Part 1

Pict20110527_057

今季初の閉伊川。
夕方からの仕事になったので、真昼間から2時間ほど偵察に行ってきました。

Pict20110527_046

ここは久しぶり。
人が入ってることは稀なポイントなので大丈夫だろう、と早速流すとやはり流心に入っていました。
閉伊川のヤマメはすっかり盛期を迎えております。8寸。

Pict20110527_049

ブブブと飛んできて体に体当たりして水面に落ちた蝉。
ヒメハルゼミかな?

Pict20110527_051

こちらも流心からガバッと出てきました。
やはり人は入ってませんね。9寸。

Pict20110527_047

結構減水してますので一雨欲しいところ。
下流の通称涸川は水が無いらしい。

Pict20110527_056

あっという間の2時間。
久々にいい型を見られたので大満足でした。

2011年7月24日 (日)

新たに

Dscf0229
最近携帯電話のアンテナが建ったいつもの渓へ。今回は新規開拓です。クルマを置いて、10分ほど歩いたところから入渓。

Dscf0226
開けてます。あちらこちらで反応がありますが乗らず(涙)。

Dscf0227
減水でポイントがつぶれてます。

Dscf0228
大場所ですが、減水で魚に走られます。岩盤際の巻き返しで吸い込むようにフライが消えズンッと乗りましたが、ランディング寸前でやらかしてしまいました(苦笑)。せっかくの尺上イワナだったのに(涙)。。。このまま脱渓点まで異常なし。今季初の(ボ)です(苦笑)。

Dscf0231
先週フェルトが剥がれて(自分で)修理中のウェーディングシューズに代わり、今回の釣行で使用したのはネットで購入した「キャラバン 飯豊アクア」です。いい年なので体力のことを考え軽いラバーソールを探してビブラムかアクアステルスかで迷いましたが、結局価格でアクアステルスに決めました。

使用してみた感じは、

  • やはり軽い(◎)
  • 草付きの斜面やコンクリ斜面での安定感(◎)。多少の砂でも滑らない。草付きや砂の乗ったコンクリ斜面などはフェルトだと怖い。
  • ヌルが付いた底石には歯が立たない(×)。フェルトでも滑りますけどね。
  • 河原の乾燥した石に靴が濡れた状態で乗ると滑る石がある(△)。

こんな感じです。フェルトに比べると若干性能は落ちますが、「濡れても軽い」というメリットの方がはるかに大きいと感じました。底石が滑る石かどうかの判断は慣れの問題だと思いました。

2011年7月12日 (火)

避暑?

Dscf0178
7月9日、早めに起床しいつもの川へ。むっとする空気の中釣り上がるも魚影が少ない!こりゃダメかなと山越えの渓へ。

と、こちらは大減水で川に近づくとイワナが足元から走ってダメ(涙)。8寸以上あるじゃん!と意気消沈してそそくさといつもの川へ後戻りです。

Dscf0175
ポツポツと反応はあるものの、子マメばかり。大きいのはどこかへ隠れてしまったようです。避暑?

Dscf0176
ようやくこんなフラットでライズを発見。ビシバシと流心と対岸草際でやってます。ぶら下がりパターン#12を流してみると早速アタックがありますが乗りません。少しでもドラグがかかると今度は反応しません。型は良さそうなんだけど。

Dscf0183
綺麗にドリフトして出たのは8寸の夏ヤマメ。撮影しようとしたら見事に逃走されました。その後取ったライズは8寸イワナ、これも逃走。なんだか調子悪いなあと、何度も流したテレストリアルにようやく出てくれたのは小ぶりですがこんなヤマメ。ようやく撮影で来ました(苦笑)

7月10日。ご友人と釣行中のJJさんと昼過ぎに合流しました。毎年、大きめイワナが出る平瀬にご案内しようと遡行します。

Dscf0203
少々水が少ないような感じがします。いつもならもう少しあるんですが。

Dscf0201
シェード下を狙うJJさん。草ギリギリにイワナが付いていて数度流すと出るんですが。。。尺イワナの実績もあるポイントですが今日は沈黙。JJさんすみません。

Dscf0207
その後、別のポイントに移動しライズを見つけてようやく出たのがこのイワナ。今日の川はなんだか変な雰囲気です。魚の付き場が変わったのかも。いる場所にいないので全く絞り切れませんでした。

Dscf0205
JJさんのご友人がビーズヘッドニンフで釣ったカジカ。しっかり口を使ってますね。この川のカジカ初めて見ました。カジカも型が良ければ結構引くので楽しいんですよね。

Dscf0193

日曜日、フェルト剥がれました。今シーズン直前に張り替えたフェルトなんですが、靴底自体が劣化してきているようでもう寿命です。今週末までには新調せねば。ビブラムにしようかな。年だし。

 

2011年6月18日 (土)

いい頃合いになりました

いつもの渓に行ってきました。やけに今日は入渓者が多いなあ、と思ったら明日は釣り大会。ポイントを見極めるために前日に練習で入る人が結構多いんですよね。

最初の支流の沢では異常無し。こちらは水温が低めで活性が低いようです。それと、去年の大イワナのポイントは無くなっていました。浅くなっちゃってました。おかしいなあ、と思いながら遡行すると上流の中堰堤下の排水口から水が出ています。排砂したのかもしれません。道理でこの前突然真っ白く濁った訳だ(怒)。

場所を移動しようとすると、向こうからどこかで見たようなクルマが。。仙台のFFMさんで、一年ぶりの再会でした。しばし情報交換。このブログもご覧になっていらっしゃるようで汗顔の至り。。。(笑)

Dscf0115
小さな巻に入っていた今シーズン初の尺イワナ。本流は水色よし、水量少なめ、水温よし。水通しのよい場所に魚が入っています。

2011年6月 7日 (火)

へたくそ釣行

Dscf0089
日曜日、所用の合間にちょっとだけ閉伊川に行ってきました。往復1時間半、釣り時間1時間の強行軍です(苦笑)。残念ながら先行者ありでした(当たり前か)。

Dscf0081
いつもの場所のちょっと上流。ちっちゃいですね(笑)。

Dscf0087
ここもいつもの場所。

Dscf0082
日陰の真っ暗な場所からようやく9寸。今季閉伊川最高サイズ(笑)。今季から始めているロングリーダーティペットなんですが、なかなかプレゼンテーションが出来ずに四苦八苦で全然釣れません(汗)。ア○ロンのLDLリーダーの人のDVDまで買って研究してるんですけどね(苦笑)。・・・と、なんだかんだしているうちにあっという間でタイムアップです。

今週末、わっかでは釣れるといいなあ。

2010年9月27日 (月)

9月26日 今季最後の釣行(閉伊川 Part12)

P1000069
朝起きて、天気が良いので閉伊川へ。盛岡の気温は9℃!寒い!
区界峠の気温は5℃!冬じゃん(涙)。
午前中だけの釣行なので、まずいなあ、、と思いつつ支流へ。

延々と遡行するも、異常無し。
水温もちょっと低め。気温は10℃以下。息が白い!
この土日は禁漁前の連休なのであちこちから入渓者がいるようです。

ここにはいるはず、という場所にも魚が付いていません。
気温が低いので当たり前って言えばその通りなんですが(苦笑)

しびれを切らして本流大場所へ移動。

でっかい秋色ヤマメに遊んでもらおうとウェットシステムに変更。
ヤマメ必殺の荒雄スペシャル(自称)を流すと、ゴンゴン、コツコツと食ってきます。
ラインをちょっとゆるめて送り込むとギューンと乗りました。

本流のガンガン瀬でロッドが負けぎみで耐えたところで
その秋色尺ヤマメ(自称)は首をブンブンと振ってフックを外して、ハイさようなら(笑)

撃沈しました(涙)

今シーズンよりブログを始めて色々な方と知り合うことができ
そして釣りに同行させて頂く機会を得たことに感謝しております!
ありがとうございました!!
ますますフライフィッシングが楽しくなりました!!

今季は不甲斐ない終わり方となってしまったので来季に向けて精進します。
荒雄川の誘惑に惑わされながら、ストーブリーグ突入ですが
オフシーズンにもブログもぼちぼち更新する予定です。

たまには覗いてみてくださいませ。

2010年9月21日 (火)

閉伊川 Part11

P1000064
JJさんと閉伊川支流めぐりをしてきました。昨夜から冷たい雨となりどうなることやら、と朝5時にいつもの場所で集合、一路閉伊川方面へ。今回は沢筋探訪です。

P1000055
まずは最初の沢です。先行するJJさん。栃の木の森に圧倒されます。これだけ栃の木があれば「栃の実」も豊富で熊も多いはずです(笑)

P1000057
浅瀬を中心にポツポツと反応が。ここは放流は一切されておらず、途中魚止めがあるので釣れてくるのはすべてネイティブなイワナです。

P1000061
有名な沢へ移動。水温は若干低めで活性が低い感じ?
こちらでもポツポツと反応が。対岸のぶつかりを攻めるJJさん。

P1000062
こんな広葉樹林の下を釣り上がります。全体的には反応は低めですがごく浅い平瀬からイワナが飛び出します。JJさんはここからしばらく上がった上流部のプールの巻き返しで9寸強のイワナを上げました。

P1000067
超有名な沢へダメ元で移動してみました。ジンクリアの清冽な流れです。しかしながらこの沢は先行者多数で毎回シビアな釣りになります。こちらも平瀬で反応があったのみ。JJさんは7寸イワナを上げました。さすがです。

P1000068
納竿の時間も差し迫り、超有名沢は早々に切り上げ、上流部の沢へ移動。ここも水が綺麗な沢です。こちらからも水中からも姿が丸見えですね(笑)

時間も差し迫りこの沢で納竿しました。JJさんお疲れ様でした。是非来季は湯川に挑戦しようと思います。その際にはご一緒しましょう!

2010年9月 5日 (日)

9月4日 閉伊川&沢探り(閉伊川 Part10)

P1000042
閉伊川支流の沢を探ってきました。
まずは本流上流部。

P1000037
こんなのが。型は小さいです。

P1000039
ブッシュ下にいたメス。お腹が大きい。

P1000044
本流から沢へ移動。

P1000036
上流部の沢で出たのは8寸弱のイワナ。うーん、型が小さいなあ。また沢を移動。

P1000046
こんな沢の日陰の真っ暗な場所から泣き尺29cmちょい。真っ黒の獰猛な顔立ちのオスイワナでしたが写真を撮ろうとモタモタしてたら逃げちゃいました(苦笑)

P1000047
ぼっさで釣りにくいです。別の沢に移動。

P1000049
水の透明度では1、2位を争う沢でも反応なし。よくみれば新しい足跡が。確かにこの沢は有名過ぎる。
人が入らない日はないんじゃないか、というくらい有名ですから反応が無くても仕方ないと自分を慰める(笑)

本格的に沢には上がっていない感じですが、本流は平水でもなぜか濁り。本流はそれに加えて高水温なので沢のほうが気持ちいいです。

最近全然釣れません(苦笑)。魚を探さないとダメなんだろうなあ(苦笑)

2010年8月23日 (月)

わっか&閉伊川 Part9

P1000001_2
21日。朝からわっかの渓へ。River guide 510さんの情報でイブニングに行きたかったんですが、都合があって朝から行くことに。十数年ぶりで場所が分かるかどうか心配でしたが、地形図等で予習していったらどんぴしゃでした(笑)。入渓点で会った監視員の爺様から「今日は水多い」「今週ここで尺3本位上げて行ったみたい」との情報が。。なんとなく不安です(苦笑)。


。。。。。


すんません。わっかでボやっちゃいました。

垂涎もののポイントでも全く異常無し(涙)。
300mほどを4時間かけました(笑)が、魚を出せませんでした。。。。。
本流に落ちちゃったのか、それとも沈んでしまっていたのか。
フライを換えても何をやっても手がでませんでした。

やっぱヘタクソですね。

P1000017
この吊り橋懐かしい。


22日。昨日のストレス発散のために閉伊川へ。前回の尺上のリベンジです。ゆっくりスタート、昼過ぎに入渓しました。
バラしたポイントに着く前に、ごく浅場の沈み石でプードルアントに体を全部出すかの勢いで出たのは

P1000024
9寸のメスのイワナ。そんな目で睨まないでください(苦笑)。

P1000026
小さく見えますが尾ビレもでかくて腹太な女の子。卵が成長してきているのでエサと見るや反応したんですね。母は強し。肝心のバラしポイントでは

P1000030
8寸オスヤマメ。その後は異常無し。。。下流のライズプールに寄って2時間ちょっとの釣行でした。尺上は再度リベンジです。そうそう、某駅近くで丸太ん棒サイズが浮いてました。

備考。#12サイズのフライでは全く反応がありませんでした。#16くらいだと反応が非常によかったです。閉伊川も秋モード突入ですね。

より以前の記事一覧