フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

猿ヶ石川水系

2011年10月 9日 (日)

県内禁漁前最後の釣行

Imgp4414_2
9/29、遠野の手前の里川に今季最後の釣行で行ってきました。アマガエル君がお出迎え(笑)

Imgp4411_2
釣れなくてもいいや、とやって来ましたがあちらこちらに先行者が。平日なのにやはり皆さん最後の最後にやって来るのですね(苦笑)。こんなところから入渓。

Imgp4412_2
梅花藻のある綺麗な水。ライズなんかは当然なし。あってもよさそうなんですけど、前々日までの大雨で荒れちゃって底石のヌルは全部綺麗になってました。

Imgp4418_2
こんな瀬でようやくウェットにアタリが。

Imgp4416_2
こんなチビや

Imgp4417_2
こんなチビさんが入れ食いに近い状態。来年には大きくなってると思います。

Imgp4420_2
のんびりと昼過ぎまで釣って(岩手県内)完全納竿としました。今年も遊んでくれてありがとう!!

Imgp4413_2

オマケ。冬眠前に荒食いしてるんだろうな(笑)。そんなに怖い目で睨まないで(苦笑)。

今年も色々な方々と同行できて楽しいシーズンを送ることができました。皆様に感謝致します。どうか来年もよろしくお願いしますね。

2011年5月 5日 (木)

厳しかった民話の里

Dscf0019
雨と暴風が去った5/3にJJさんと遠野に行ってきました。宮守で既に釣りをして来たJJさんと道駅で待ち合わせ、まず最初に入ったのはN川。入渓点の堰堤下でイワナが何回かでるのですが乗らず。

Dscf0007
ヤマメをコンスタントに上げながらN川を遡るJJさん。私は、、、異常なし(苦笑)。渋いですね、と場所を変え向かったH川。

Dscf0014
入渓点近くにクルマを止め準備していると先行者のFFMが上がって来ました。「え、こんなところまで」とよく見ると岩手ナンバー地元です。案の定異常なし。FFMが入らなかった上流部でもライズなし、魚影なし、異常なし(苦笑)。場所をO川に移すも、こちらも異常なし。激渋です。JJさんはツ抜けしておられましたが、私は、、、結局KO負けしました(笑)。遠野はやっぱり難しい。10年前のライズの嵐の頃が懐かしい。。。。。ふてくされたセルフポートレートで幕切れ(苦笑)。

Dscf0025
本当はJJさんに撮ってもらったんですが(笑)。JJさんお疲れ様でした!

2011年4月14日 (木)

やっと解禁


P1000109_3
2011年初めての釣行です。雪が残る遠野へ。

気温は16℃を超え歩くと汗ばむくらいの陽気ですが、どこでも魚が出る感じではないようです。バシッバシッと元気の良いライズをを拾う釣りになりました。魚は深場から浅いところに出ています。ユスリカがハッチしているのでミッジかな?と流しますがどうも反応がありません。とよく見ると#16くらいのメイフライもハッチしています。#16のパラシュート(ダンカラー)に変えると一発でした(笑)。

P1000108_3

春ヤマメ8寸に欠けるくらいですがこの時期にしては大きいです(嬉)。その後もポツポツと小さいのがフライに出ますがフッキング出来ないような子マメばかりが続いたところで、流れ込みで激しくライズしていたのは

P1000110_2

イワナでした。ライズフォームからヤマメかと思った(苦笑)。その後ライズもなくなりこの時期特有の爆風となり納竿としました。あとは子マメばがりですので写真はナシです。帰り道、宮守の達曽部川でマイクロソフトハックル(笑)で綺麗な子マメと遊んで帰宅しました。

今年もボチボチ稼いでボチボチ釣りして遊んでいきたいと思います。今年は特に経済に貢献しなくちゃね。今年もヨロシクです!

2010年5月16日 (日)

田植えシーズン

P1020526

いつもの稗貫水系支流に行ってきました。気温20℃、水温13℃で条件は整っていますが、代かき・田植えの農繁期で水に濁りが入っています。時には川底が見えないくらいになります。いつものポイントには既に先行者があり、全くフライに反応はありません。仕方なく竿抜けポイントである堰堤上に移動、早速ライズを見つけました。枝流との合流点の流れの相当速いところです。フライを流すと一発で出ました。

P1020530

そのプールのライズでしばらく遊んだ後、達曽部川に移動しました。

P1020531

水量は平水時より2割増しというところです。梅花藻の切れ目からフライにアタックがありますが、なかなか乗りません。しばらくすると、代かきを終えたトラクターが泥を洗い流すために流れに…。一気に流れが濁ってしまいました。上流部・下流部ともアタリはなし。頃合いなので宮守川を見に移動しました。

P1020532

宮守川は茶色の濁りです。今月に入っても低温が続いていたため、田植えも遅れがちだったそうで、あちこちで一気に農作業が開始された感じです。農繁期の里川は濁りが入るのは当然ですので仕方がありませんね。腹も空いたので「めがね橋(宮守川橋梁)」となりの道の駅みやもりで遅い昼食に。

201005161505000

「どばそば」(¥760)です。蕎麦をどばっと、でどばそば(笑)。宮守産の根わさび(写真手前左)をすりおろして頂きます。久々の蕎麦だなあ。写真左奥は「わさびおにぎり」(¥120)で追加で注文しました。わさびの茎の漬物がご飯に混ざっていて、わさびの刺激が良い感じでした。

P1020538

帰宅途中に宮守川を望む。すっかり春から初夏の風景ですね。

2010年4月24日 (土)

遠野 Part1

盛岡は天気が回復し、気温も上がって来ました。状況は悪いのは承知の上での今年初の遠野釣行です。やはり遠野に行かないとシーズンが始まった気がしないですね。朝、友人と合流し一路遠野へ。途中風の丘に私のクルマを置き、友人のクルマで小烏瀬川を目指しました。今回はデジカメを忘れてしまったので携帯で撮影しています。画像が汚いのはご容赦のほどを。

201004240931000

気温9℃。伝承園上流の小烏瀬の流れです。水量多く、水温は7℃。雪代でしょうか(涙)。しばらく竿を出しますが、いそうな場所には魚はおらず移動しました。今回はロケハン目的で、あまり釣果には期待していません。

そのまま上流へ移動、小烏瀬と琴畑の合流点へ。初めて来たのですが、ここって砂地なんですね。上流に餌師が入っていましたが、川には生命感はありませんでした。(写真は後ほどアップします)

昼になったのでふるさと村で食事。鴨ひっつみを注文し、食後に遠野の郷土料理「けいらん」を。

201004241152000

鶏の卵の形をした団子の中にあんこが入っていて、熱湯に浸かっています。これなら自分で作れますね。

201004241153000

疲れていたので甘いものが欲しかった(笑)。食事も早々に出発。友人の知るポイントへ。ここでも不発でそのまま大出へ移動。

201004241340000

わらべ前。水量が多いですね。雪代でしょうか。

201004241415000

藤切川へ。水温は7℃。全く生命感がありませんでした。ドライ、ウェット、ニンフとも反応はありませんでした。4月下旬の遠野はもう少し良かったような記憶がありますが、今年の異常低温のためシーズンは遅れている感じがしました。そしてここ数年の間に砂も増えたように思います。

そして納竿。宮古へ帰る友人と風の丘で別れ私は盛岡へ。

201004241555000

悔しいので、途中大迫の稗貫支流へ。こちらの方が生命感があり、なんとかボ解除しました(笑)。

(2010/04/28 追記)

P4240122

琴畑と小烏瀬の出会いです。寒々としたまるで冬の風景ですね。

P4240123

魚っ気は全くありませんでした。まだまだ気温が低すぎるのでしょうか。