フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月24日 (日)

新たに

Dscf0229
最近携帯電話のアンテナが建ったいつもの渓へ。今回は新規開拓です。クルマを置いて、10分ほど歩いたところから入渓。

Dscf0226
開けてます。あちらこちらで反応がありますが乗らず(涙)。

Dscf0227
減水でポイントがつぶれてます。

Dscf0228
大場所ですが、減水で魚に走られます。岩盤際の巻き返しで吸い込むようにフライが消えズンッと乗りましたが、ランディング寸前でやらかしてしまいました(苦笑)。せっかくの尺上イワナだったのに(涙)。。。このまま脱渓点まで異常なし。今季初の(ボ)です(苦笑)。

Dscf0231
先週フェルトが剥がれて(自分で)修理中のウェーディングシューズに代わり、今回の釣行で使用したのはネットで購入した「キャラバン 飯豊アクア」です。いい年なので体力のことを考え軽いラバーソールを探してビブラムかアクアステルスかで迷いましたが、結局価格でアクアステルスに決めました。

使用してみた感じは、

  • やはり軽い(◎)
  • 草付きの斜面やコンクリ斜面での安定感(◎)。多少の砂でも滑らない。草付きや砂の乗ったコンクリ斜面などはフェルトだと怖い。
  • ヌルが付いた底石には歯が立たない(×)。フェルトでも滑りますけどね。
  • 河原の乾燥した石に靴が濡れた状態で乗ると滑る石がある(△)。

こんな感じです。フェルトに比べると若干性能は落ちますが、「濡れても軽い」というメリットの方がはるかに大きいと感じました。底石が滑る石かどうかの判断は慣れの問題だと思いました。

2011年7月12日 (火)

避暑?

Dscf0178
7月9日、早めに起床しいつもの川へ。むっとする空気の中釣り上がるも魚影が少ない!こりゃダメかなと山越えの渓へ。

と、こちらは大減水で川に近づくとイワナが足元から走ってダメ(涙)。8寸以上あるじゃん!と意気消沈してそそくさといつもの川へ後戻りです。

Dscf0175
ポツポツと反応はあるものの、子マメばかり。大きいのはどこかへ隠れてしまったようです。避暑?

Dscf0176
ようやくこんなフラットでライズを発見。ビシバシと流心と対岸草際でやってます。ぶら下がりパターン#12を流してみると早速アタックがありますが乗りません。少しでもドラグがかかると今度は反応しません。型は良さそうなんだけど。

Dscf0183
綺麗にドリフトして出たのは8寸の夏ヤマメ。撮影しようとしたら見事に逃走されました。その後取ったライズは8寸イワナ、これも逃走。なんだか調子悪いなあと、何度も流したテレストリアルにようやく出てくれたのは小ぶりですがこんなヤマメ。ようやく撮影で来ました(苦笑)

7月10日。ご友人と釣行中のJJさんと昼過ぎに合流しました。毎年、大きめイワナが出る平瀬にご案内しようと遡行します。

Dscf0203
少々水が少ないような感じがします。いつもならもう少しあるんですが。

Dscf0201
シェード下を狙うJJさん。草ギリギリにイワナが付いていて数度流すと出るんですが。。。尺イワナの実績もあるポイントですが今日は沈黙。JJさんすみません。

Dscf0207
その後、別のポイントに移動しライズを見つけてようやく出たのがこのイワナ。今日の川はなんだか変な雰囲気です。魚の付き場が変わったのかも。いる場所にいないので全く絞り切れませんでした。

Dscf0205
JJさんのご友人がビーズヘッドニンフで釣ったカジカ。しっかり口を使ってますね。この川のカジカ初めて見ました。カジカも型が良ければ結構引くので楽しいんですよね。

Dscf0193

日曜日、フェルト剥がれました。今シーズン直前に張り替えたフェルトなんですが、靴底自体が劣化してきているようでもう寿命です。今週末までには新調せねば。ビブラムにしようかな。年だし。

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »