フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

9月26日 今季最後の釣行(閉伊川 Part12)

P1000069
朝起きて、天気が良いので閉伊川へ。盛岡の気温は9℃!寒い!
区界峠の気温は5℃!冬じゃん(涙)。
午前中だけの釣行なので、まずいなあ、、と思いつつ支流へ。

延々と遡行するも、異常無し。
水温もちょっと低め。気温は10℃以下。息が白い!
この土日は禁漁前の連休なのであちこちから入渓者がいるようです。

ここにはいるはず、という場所にも魚が付いていません。
気温が低いので当たり前って言えばその通りなんですが(苦笑)

しびれを切らして本流大場所へ移動。

でっかい秋色ヤマメに遊んでもらおうとウェットシステムに変更。
ヤマメ必殺の荒雄スペシャル(自称)を流すと、ゴンゴン、コツコツと食ってきます。
ラインをちょっとゆるめて送り込むとギューンと乗りました。

本流のガンガン瀬でロッドが負けぎみで耐えたところで
その秋色尺ヤマメ(自称)は首をブンブンと振ってフックを外して、ハイさようなら(笑)

撃沈しました(涙)

今シーズンよりブログを始めて色々な方と知り合うことができ
そして釣りに同行させて頂く機会を得たことに感謝しております!
ありがとうございました!!
ますますフライフィッシングが楽しくなりました!!

今季は不甲斐ない終わり方となってしまったので来季に向けて精進します。
荒雄川の誘惑に惑わされながら、ストーブリーグ突入ですが
オフシーズンにもブログもぼちぼち更新する予定です。

たまには覗いてみてくださいませ。

2010年9月21日 (火)

閉伊川 Part11

P1000064
JJさんと閉伊川支流めぐりをしてきました。昨夜から冷たい雨となりどうなることやら、と朝5時にいつもの場所で集合、一路閉伊川方面へ。今回は沢筋探訪です。

P1000055
まずは最初の沢です。先行するJJさん。栃の木の森に圧倒されます。これだけ栃の木があれば「栃の実」も豊富で熊も多いはずです(笑)

P1000057
浅瀬を中心にポツポツと反応が。ここは放流は一切されておらず、途中魚止めがあるので釣れてくるのはすべてネイティブなイワナです。

P1000061
有名な沢へ移動。水温は若干低めで活性が低い感じ?
こちらでもポツポツと反応が。対岸のぶつかりを攻めるJJさん。

P1000062
こんな広葉樹林の下を釣り上がります。全体的には反応は低めですがごく浅い平瀬からイワナが飛び出します。JJさんはここからしばらく上がった上流部のプールの巻き返しで9寸強のイワナを上げました。

P1000067
超有名な沢へダメ元で移動してみました。ジンクリアの清冽な流れです。しかしながらこの沢は先行者多数で毎回シビアな釣りになります。こちらも平瀬で反応があったのみ。JJさんは7寸イワナを上げました。さすがです。

P1000068
納竿の時間も差し迫り、超有名沢は早々に切り上げ、上流部の沢へ移動。ここも水が綺麗な沢です。こちらからも水中からも姿が丸見えですね(笑)

時間も差し迫りこの沢で納竿しました。JJさんお疲れ様でした。是非来季は湯川に挑戦しようと思います。その際にはご一緒しましょう!

2010年9月 5日 (日)

9月4日 閉伊川&沢探り(閉伊川 Part10)

P1000042
閉伊川支流の沢を探ってきました。
まずは本流上流部。

P1000037
こんなのが。型は小さいです。

P1000039
ブッシュ下にいたメス。お腹が大きい。

P1000044
本流から沢へ移動。

P1000036
上流部の沢で出たのは8寸弱のイワナ。うーん、型が小さいなあ。また沢を移動。

P1000046
こんな沢の日陰の真っ暗な場所から泣き尺29cmちょい。真っ黒の獰猛な顔立ちのオスイワナでしたが写真を撮ろうとモタモタしてたら逃げちゃいました(苦笑)

P1000047
ぼっさで釣りにくいです。別の沢に移動。

P1000049
水の透明度では1、2位を争う沢でも反応なし。よくみれば新しい足跡が。確かにこの沢は有名過ぎる。
人が入らない日はないんじゃないか、というくらい有名ですから反応が無くても仕方ないと自分を慰める(笑)

本格的に沢には上がっていない感じですが、本流は平水でもなぜか濁り。本流はそれに加えて高水温なので沢のほうが気持ちいいです。

最近全然釣れません(苦笑)。魚を探さないとダメなんだろうなあ(苦笑)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »