フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

閉伊川 Part6

JJさんと閉伊川へ行ってきました。今日はガイドに徹しました(少し釣ったけども)。
昨夜盛岡入りしていたJJさんと朝5:30に106号線のコンビニで待ち合わせ、一路閉伊川へ。
天気は何とか持ちそうな雰囲気でまずはお馴染みポイントへ案内しました。

P1020622

本流を釣るJJさん。ライズもありJJさんはヤマメとイワナ。私もちょっとばかり竿を出しました。

P1020625

対岸木の下に入っていたのは#12オオクマパターンのパラシュートに出た居付きの8寸弱のイワナ。少々頭が小さいですが腹はすっかり黄色でいい感じです。その後支流へ移動しましたが先行者多数のため釣り上がりを断念。私がプールで7寸ほどのイワナを釣った後、下流の支流へ偵察に。その後いつものライズのプールへ案内。

P1020626

私も対岸のライズに熱くなる(笑)。まず出たのはイワナ。

P1020628

P1020629

次に出たのはスプラッシュライズを繰り返していた腹の太い8寸弱のヤマメ。黒いテレストリアル系のパラシュート#14に出ました。そこでストマックを見ると食べていたのはなんとブユ。腹一杯偏食していました。

P1020632

上流の本流に移動、フラットな雰囲気の違う落ち込みを狙うJJさん。私は見学。JJさんはこの落ち込み両側でイワナをヒット。左で出たのは8寸ほどの良型。ここは小型が多い場所なのですが良型が入っていることを確認できて思わぬ収穫。右の奥で出た魚は痛恨のバラしになってしまいました。

この場所で納竿としました。

JJさんお疲れ様でした。充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。
ライズプールの一番奥の大型イワナが待ってますので、リベンジの再来川お待ちしております!

2010年6月19日 (土)

閉伊川 Part5

P1020621

いい加減にしろと叱られそうですが、川沿いの線路も緑で草生す閉伊川に行ってきました。
入渓ポイントにはすでに先行者が。午前七時代ですがあちらこちらに車が駐車してあります。他の渓は渇水なのでしょうね。

P1020614

先行者を避け入渓地点より下流から入りましたが、ここで出たのはこのヤマメ。ドライフライがドラグで沈んで流れた瞬間水中でギラリと光ってアタックしてきました。活性は上々と思いましたが、小さめのイワナを追加して後は出ません。恐らく先行者の影響でしょう。

その後場所を上流へ移動。8寸に満たないイワナを5匹ほど追加しました。良型は出ませんでしたので写真は無しです(苦笑)。

P1020618

この流れの流心ではライズが。出たのは子ワナ。やはり写真は無しです(謝罪)。
暑くなってきたので昼過ぎで納竿しました。

201006191511000

知る人ぞ知る菓子パン。宮古の相馬屋のあんパン。昼飯です(笑)。

201006191512000_2

こちらはクリームパン。両方ともサイズは小ぶりですが、もっちり感が癖になるパンです。「ふんわり」ではなく「しっかり」と「もっちり」したパンです。私は相馬屋の生地を越える菓子パンに出会ったことがありません。区界の道の駅で買えます。

2010年6月12日 (土)

閉伊川 Part4

性懲りもなく閉伊川に行ってきました。今回も本流の釣り上がりです。

P1020605

入渓地点はこんな感じの場所です。この少し上で9寸のヤマメが出ました。ネットに入れるとなんとイワメ。タイガートラウトってやつでしょうか、生まれて初めて釣りました。写真を撮る寸前で逃げ出してしまいましたので写真はありません(苦笑)

P1020610

釣り上がると開けてきます。ブッシュ奥で友人のモーリさんがイワナを狙っているようです。

P1020608

上の場所で#14パラシュートパターンに出たのは居着きの8寸ほどのイワナでした。

P6120003

モーリさんがブッシュ奥で釣り上げていた尺イワナです。私が先行して通りすぎるとき、いい感じの場所と思っていたところで出たそうです。

2時間ほどかけて釣り上がり、途中モーリさんは泣き尺イワナを含め数匹を追加。遡行に疲れ(苦笑)場所をかえてライズのプールへ移動しました。

P6120008

モーリさんがプールの奥で仕留めた(多分)9寸イワナです。下へ下へとロッドを満月にするパワーの持ち主です。本日私は2匹のみ(涙)でしたが、モーリさんは爆発(笑)、相変わらず閉伊川絶好調です。

2010年6月 5日 (土)

閉伊川 Part3

今シーズン3度目の閉伊川釣行です。朝6時に盛岡を出発。川井で友人のモーリさんと待ち合わせ、モーリさんのクルマで移動し本流を釣りました。

まずはいつものライズポイントへ。ごくたまにライズがあるだけで活性はあまり高くはありません。朝一番だから仕方ありませんが。岸際ギリギリを釣ったモーリさんが早速のヒット。

P1020588

銀化した9寸ヤマメです。やはり閉伊川の魚は型がいいですね。ロッドを絞る力の強いこと。
ライズは散発ながら続きます。

私は岸際によったライズにクイルボディパラシュートを流しますが、無視され続けます。イライラした(良い意味で)ところドラッグがかかりフラッタリング状態で走ったフライを追い喰いしてバシャッと出ます。フッキングに至らず再度キャスト。同じ場所で意図的にドラグをかけフライを滑らせた瞬間抑え込むように出ました。

P1020591

出たのは腹がパンパンの8寸ヤマメ。イブニング以外の時間帯でヤマメを意図的なドラグで釣ったのは初めてでした。その後ライズも無くなり、釣り上がるために移動しました。途中ポツポツと6~7寸程度の小型中心のヤマメが釣れます。

P1020598

開けた平瀬の大場所の岸際のブッシュの下に魚がついています。写真のような浅い瀬のブッシュ下をブラウンパラシュートで丹念に探るとスッとフライが吸い込まれました。

P1020596

ゴンゴンとロッドを絞ってやっと上がって来たのは念願の尺イワナ31cmでした(嬉)。閉伊川のイワナらしい色の魚体です。尾鰭の下半分が擦り切れていました。川鵜かなにかに襲われたのでしょうか。リリースするとゆっくりと流れに帰って行きました。

その後ポツポツと雨が。クルマに戻ると本降りになりました。雨が止むのを昼食を摂りながら待ちます。雨が上がり支流を覗く事に。

P1020604

某川上流のプール。しかしながら先ほどの雨のためか濁りが入りライズはあるもののフッキングには至らず。
下流の様子を覗き、ライズで遊んで納竿しました。

二週連続で良い釣りができました。今後もますます活性が上がると思います。岩手のハイシーズンをもっと堪能しなくては損ってもんですね!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »