フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

低水温でも…

盛岡の朝の気温は10℃。霧雨模様でしたが、午後からの天候回復を信じて某川に行ってきました。今回は友人を案内するいわゆるガイド役です(笑)
到着時の現地の気温は10℃、水温は手を入れると「しゃっけっっ!!」。9℃しかありません。でもメイフライのハッチがあるのが不思議です。

渓に到着後すぐに入渓地点より釣り上がると友人に早速のヒット。どうやら活性は良いようです。

P1020573_2

流心から出たのは8寸弱の良型のヤマメです。まだ少しサビが残っていますね。型を見られてガイド役の面目躍如です。

P1020574

続いて同じ場所で友人が出したのは良型のイワナでした。流心に付いていたようです。入渓地点から100mも遡行しないうちに友人は既にバラしを含めて5匹です。出るのは全て8寸ほどのヤマメでした。全く抜かれていないので、魚影はむちゃくちゃ濃いです。私はここで7寸ほどのイワナ×1でした。

続いて上流に移動、膝程度の平瀬のプールにライズを発見しました。餌師は完全に無視するような浅いプールでライズリングが広がります。

P1020575

プールの流れ出しのライズを狙って出たのはこんなイワナでした。

P1020582

友人がライズを狙います。前方にライズリングが広がっています。流れ出しや葦際などいたる所でライズリングが広がります。友人もヤマメをヒットし場所を交代。くるぶし程度の極浅い葦際のライズリング目がけて数投で出ました。

P1020581

ジャスト一尺。尺ヤマメでした(嬉) 水深十数cm。こんなところにいるとは、と二人で驚いてしまいました。少々痩せていましたが今季初の尺ヤマメです。ガイド役が一番おいしい思いをして申し訳ありませんでした(笑)。

餌師もほとんど入らず魚が抜かれていないので良型が連発しました。友人はツ抜け。久々だね。
その友人は明日も行くと言っていますが、ホドホドに(苦笑)。

2010年5月23日 (日)

ようやく閉伊川

P1020569

駐車場を出るころは稗貫に行こうかと思ってましたが、町内を出る辺りで何となく閉伊川の様子が知りたくなり国道4号線を左折。茶畑交差点から国道106号線を宮古方面へ。区界を越え、川井の門馬辺りで見える閉伊川の水量は少々多めですが水色は完全にクリアです。緑まぶしい中、ついに閉伊川も雪代終了です。

P1020564

いつものライズの大プールです。これだけの川幅だと水量は圧倒的ですが、馬の背となった川中央部の流れでハイシーズンほどではないにしろライズを確認し思わず笑みに(笑)。ダンパターンを流すと流心からヤマメが。しかし下からフライを突き上げるだけで完全に遊ばれてしまいます(笑)。

P1020561

別のライズめがけて数投、ようやく出たのは7寸ほどの閉伊川ヤマメ。ようやく会えました。その後もライズは散発ながら続きます。馬の背と手前の流れの差でどうしてもドラグがかかってしまいなかなか出ません。

P1020568

デッドドリフトが決まって出たのは8寸ほどのヤマメでした。こいつは元気でした。その後背後で子供の声が。見れば駐車スペースにクルマが2台、上流側に子供がいきなりルアーを投げ始めてジ・エンド。支流を眺めて盛岡方面へ。途中根田茂川を覗きました。

P1020572

出るのは子マメや子ワナのみ。上流部の瀬の開きで出た大きなヤマメは痛恨のバラシ。バーブレス化したTMC531に比べ、TMC103BLはバレが多いような気がします。針のせいにしちゃいけませんが(笑)。

2010年5月22日 (土)

ブナの森

P1020550

今年はまだ型に恵まれていないので、県北の北上川水系の渓に10年ぶりに行ってきました。
まずは本流上流に流れ込む支流へ初めて入りました。道端にかわいらしい花が咲いています。

P1020540

このような流れが続く里川です。入渓点でさっそくのアタックがありますが、フッキングしませんでした。川底から上がってくる魚の姿にアドレナリンが(笑)。思わず早合わせしています。

P1020548

しばらく釣り上がるも、反応がありません。しかし写真の流れでライズを見つけました。上流へクルージングして下流に戻ってライズ、みたいなことを続ける魚が見えます。あっさり出るかと思えば思わずここで一時間ほど粘ることに(笑)。

P1020547

フローティングピューパ・パラシュートを岸脇からロケットのような勢いでふんだくって行ったのは8寸にちょっと欠けるヤマメでした。このポイントにはこれより大きな魚体も数本入ってクルージングしていました。今度また遊ぼうと思います。型を見たので本流域に移動しました。

P1020551

本流域はこんな感じです。例年だと雪代が6月まで見られるのですが、少々水量は多めですっかり雪代は終わっているようです。こんな開けた場所でも瀬脇でライズがありますが出ませんでした。
一通り流してここで昼食。相変わらずメマトイが五月蝿いです。昼食後一服して、より上流へ移動。途中枝沢を除きましたが水量が落ちており釣趣が沸きませんでした。

P1020553

上流はブナやミズナラのトンネルがずっと続く渓相です。大好きな流れです。鬱蒼としていますが、背の高い木々ばかりなので、キャスティングにほとんど影響はありません。10年ぶりですが全然変わらない姿にほっとしました。道端で準備しているとルアーマンが上流から道沿いにおりてきました。聞くと結構楽しんだ様子。早速その辺から入渓し釣り上がると要所要所に魚がいます。彼はスポットで入っていたらしく、ルアー向きの場所では全く反応はありませんでした。

P1020555

岸脇や岩陰にはこんなイワナがゴロゴロいます(笑)。相変わらずいい川です。流心脇の流れのたるみを流すとヤマメが出ます。

P1020559_2

8寸ヤマメの引きは相当なものでした。歯が鋭く、フライをはずす時に親指から出血(笑)。おそらく天然ものだと思うのですが。

P1020560

北上川水系は思った通り型は良かったです。しばらく通うかも(笑)。遠野とはちょっとばかり趣きの違う渓ですがとても岩手らしい渓です。

それにしてもメマトイやブユの猛攻には辟易しました。虫除けスプレーを忘れたため左手首を刺され腫れて痛くてたまりません(涙)。オオゴトにならなきゃいいが…。

2010年5月16日 (日)

田植えシーズン

P1020526

いつもの稗貫水系支流に行ってきました。気温20℃、水温13℃で条件は整っていますが、代かき・田植えの農繁期で水に濁りが入っています。時には川底が見えないくらいになります。いつものポイントには既に先行者があり、全くフライに反応はありません。仕方なく竿抜けポイントである堰堤上に移動、早速ライズを見つけました。枝流との合流点の流れの相当速いところです。フライを流すと一発で出ました。

P1020530

そのプールのライズでしばらく遊んだ後、達曽部川に移動しました。

P1020531

水量は平水時より2割増しというところです。梅花藻の切れ目からフライにアタックがありますが、なかなか乗りません。しばらくすると、代かきを終えたトラクターが泥を洗い流すために流れに…。一気に流れが濁ってしまいました。上流部・下流部ともアタリはなし。頃合いなので宮守川を見に移動しました。

P1020532

宮守川は茶色の濁りです。今月に入っても低温が続いていたため、田植えも遅れがちだったそうで、あちこちで一気に農作業が開始された感じです。農繁期の里川は濁りが入るのは当然ですので仕方がありませんね。腹も空いたので「めがね橋(宮守川橋梁)」となりの道の駅みやもりで遅い昼食に。

201005161505000

「どばそば」(¥760)です。蕎麦をどばっと、でどばそば(笑)。宮守産の根わさび(写真手前左)をすりおろして頂きます。久々の蕎麦だなあ。写真左奥は「わさびおにぎり」(¥120)で追加で注文しました。わさびの茎の漬物がご飯に混ざっていて、わさびの刺激が良い感じでした。

P1020538

帰宅途中に宮守川を望む。すっかり春から初夏の風景ですね。

2010年5月 8日 (土)

五月、ようやく新緑の季節

友人と沿岸の渓へ行ってきました。沿岸はもうすっかり新緑、目に緑が眩しい季節です。緑の季節は同時にフライのもっとも楽しい季節でもありますね。

P1020510

今回からウェットはほぼ封印。ドライに切り替えています。入渓地点のちょっとしたプールでさっそくライズを発見しました。普通に流れに乗せても出ません。そのまま反転流に乗せてしばらく待っていると、フライが見えなくなりました。「あれれれれ?」と思っていると友人が「出たよ!!」と合図。驚いてロッドをあおって合わせると、ゴンゴンとロッドを絞る魚の感触。

P1020509

6寸ほどのイワナです。ネイティブらしい、とのこと。これは「釣った」のではなく「釣れてしまった」感じでお恥ずかしい。

そのまま釣り上がります。流れが右に折れ曲がるポイントの流心の向こう側の緩流帯にリーダーキャストでフライを漂わせておきます。テンカラのような感じ。一度背中を見せて出ますが、フライの10cmほど横でした。諦めずに再度漂わせると

P1020512

顔が小さなイワナでした。

P1020518

手前の沈み石を流してもまったく反応がありませんが、小さな沢の流れ込みの白泡が消えるあたりにフライを入れると、吸い込まれるようにフライが消えました。

P1020516

7寸ほどのイワナです。全部同じような色合いのイワナです。

P1020523

こちらは白泡の消える流心で反応はありませんでしたが、左の岩盤ぎりぎりにフライを流すと吸い込まれました。
しかしここでバラし。友人のアドバイスで、フッキングはしたものの少しポイントを休ませて再度挑戦することに。ここで昼食にしてしばし休憩。昼食後、再度同じ岩盤ぎりぎりを流すとまた同じようにフライが吸い込まれます。ゴンゴンと小気味よい引き。手前に寄せてくると、上流に向かって突っ走ります。おっとっと、、とネットに入ったのは元気の良い7寸強のイワナでした。

P1020519

暗い淵の魚らしい真っ黒い顔の魚体です。先ほどバラしたのはおそらくこいつだと思います。イワナならではの大らかさですね。

この地点でタイムアップ、納竿しました。久々にイワナの釣りを堪能しました。

教科書的なポイントには必ずついているものですね。先行者がいないとこれだけ良い釣りができるのを再確認しました。最近の社会情勢も幸いしてか釣り人口が多めですから、こういう「抜かれていない」隠れたフィールドは大切にしたいと思いました。

それと目潰し(マダラメマトイ)が既に発生しておりました。ほんとうに邪魔な連中です。

2010年5月 1日 (土)

桜満開!

P1020417

グズついた天候の盛岡をよそに、友人と県北の山間部へ行ってきました。盛岡はまだ満開とまではなっていませんが、こちらは既に桜が満開でした。野暮用がありGWの釣りは今日が最初で最後、釣りを楽しみたいと思います。

P1020416

春のぽかぽか陽気なのですが、強風で最悪の状況に。フライが凧揚げ状態になります。
いい渓相ですが、なかなかフライが流せません。ほうほうの体で風の遮りのある上流へ移動しました。

P1020420

移動の途中、雉の雄どうしの喧嘩を目撃。この雉は勝利した雄雉です。縄張りをパトロールするように歩いていました。雉の喧嘩なんて初めて見ました。

P1020423

上流のポイント。このトロ瀬でストーンフライのスーパーハッチ。あちこちでスプラッシュライズが始まっています。

P1020422

7寸ほどのヤマメがヒット。他に1匹、バラシ×2でした。セレクティブにはなっていないようです。ここではすでにシーズン突入という感じで、今シーズン初めて流れに定位するヤマメを目撃しました。この定位したヤマメは友人が釣った(らしい)。

P1020426

帰り際の風景。この桜の木の下のポイントではブラウンらしき魚体を確認しました(友人が痛恨のバラし)。この川にはブラウンとレインボーもいるのです。

その後、山を越え、さらに遠くへ(笑)
山あいを流れる沢筋にある砂防ダム上のプールでネイティブなイワナを沢山釣りました。

P1020428

こんなサイズですが、まるで1キャスト1ヒットのように出たのはネイティブな綺麗なイワナでした。久々に魚を釣った、という感じでした(苦笑)。

いよいよ岩手も本格的なシーズンに突入した感があります。気温の上昇とともに内陸でも釣果が期待できるようになるといいですね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »