フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年6月15日 (日)

しっとり岩手

Dscf0734

JJさんと510さんとの釣行です。

本日は私のホームグラウンドです。

あいにくの天候でしたが

JJさん、510さんはコンスタントに釣れてます。

Dscf0717

週末までの雨で増水ですが

某川出合いから上は平水。

Dscf0700

最初に入った釣り上りコースは途中まで好反応だったけども

途中から全く反応なし。

Dscf0707

たぶんアタマハネされてますね。

私は腕が無いので竿抜けから魚は出せません(苦笑)

ということで山越え。

Dscf0731

こちらも平水。予想通り。

流心からJJさん510さんともイワナをゲット。

Dscf0744

いやあ、激渋でしたが、お二人とも釣れてよかったです。

Dscf0730

月末もどうぞよろしくです。

2014年6月 1日 (日)

深緑の岩手

Dscf0641

迫る山の緑。

もうすっかり初夏の様相、深緑がまぶしい季節。

今回もJJさんとの釣行です。

今回早朝から入渓したんだけども

なんか様子がおかしい。

居そうな場所から全く出ないというなんともタフな状況。

ラン&ガンでポイントを探して釣る感じ。

Dscf0647

JJさんのフライを追っかけて出た9寸。

見事な魚体でした。

Dscf0630

どこまでも深緑。

ドライフライの良い季節ですね。

Dscf0671

やっと出ましたよ。

胸ビレの白ハケが綺麗だよね。

Dscf0651

途中、ライズを発見。

#12のフライじゃ出ません。

でもたまに反応するので思わずマッチング・ザ・ハッチに突入(笑)

Dscf0678





ハリスに0.6号を足して#18のフローティング・カディス・ピューパを結んだら一発で出ました(笑)



Dscf0632

JJさんお疲れさまでした。

また次回!

2014年5月25日 (日)

わっかでわっはっは

Dscf0591

510さんの案内で、JJさんと3人でわっかで遊んできました。

Dscf0590

高活性でJJさん、510さんとも順調に釣ってるのに、私だけは。。。

うわ、ここで「ボ」かよ、と思い必死(笑)

Dscf0611

必死でフライ選択に迷い、泥沼にはまるところで救ってくれた(苦笑)

P1030105

あちらこちらで好反応。ここでこんなの初めてですわ510さん(笑)

Dscf0617_2

JJさんすごい。

Dscf0622_2

ライズを取ったり、岩盤の穴の中のでっかいのバラしたり。

もう最高のひととき。

わっかのプチ祭り。

Dsc09788

途中、前足に大怪我したカモシカに出会ったり。

帰りの林道ではこちらに気づいた若熊が猛ダッシュで逃走(汗)

垂直の崖を一気に登ってしまう熊にびっくりとか、締めまで面白かった

わっはっはの今回の釣行でした(笑)

JJさんお疲れさまでした。

510さん運転お疲れさまでした。

今度は別のお山の渓で会いましょう!

2014年5月11日 (日)

釣れない川

Dscf0557

釣れない川に行ってきました。

解禁当初からみーんなもってかれちゃう渓。

もう2年くらい行ってないかも。

気温はすっかり初夏、山の木々は黄緑色、芽吹きの赤と黄色、この時期の山の色が一番好き。

Dscf0563


すっかり雪代は無くなってマス。

水温は低くないのでハッチが凄い(笑)


こんな感じでヒラタがあちこちで乱舞してるんだけど

そこは「釣れない川」(笑) 全然ライズが無いんだよね。

Dscf0566

こんな水色、沈み石、垂涎の風景だよね(笑)

Dscf0573

やっと見つけたライズで遊んでもらいました(笑)。

でもね、ここだけの話、この川のチャラ瀬の流れ込みの小さなプールで

8寸クラスのイワナが20数匹スクール作ってたんだよね(@@;

足を踏み入れたらビュンビュン走るの(笑)

さすがにびっくりした(笑)

「釣れない」からとみんな敬遠して魚が残ったのかも。

しばらくしたら復活するかもね。

Dscf0582

2014年5月 3日 (土)

解禁後初ドライ!

Dscf0531


JJさんと行ってきました。沿岸の渓流。
気温24℃暑いくらい。


Dscf0526


こんなところでビシバシライズしてます。
まだ深いところにいるからフライを見つけても上がってくるころにはピックアップしてる(笑)(JJさん談)


Dscf0533

今シーズンドライで初のヤマメちゃん。「ちゃん」が似合う大きさ(笑)


Dscf0525


この規模でも沢。良い沢見つけましたよね、JJさん。
こんな写真見たら場所がバレるかな(笑)


Dscf0538

淵尻の流心でライズしてたんだよね。
今シーズン初イワナ。君の顔が見たかった(笑)


Dscf0539


同じ場所でJJさんが釣ったヤマメと記念撮影(笑)


Dscf0528


途中、山桜の木の枝がぼっきり折れて河畔に落ちてるのに咲いてたよ。
物凄い生命力だよね。


Dscf0530


岩手もついにシーズン最盛期に突入!
今年は釣りに行こう(苦笑)

2014年4月19日 (土)

2014年ようやく解禁(笑)

Dscf0492

天気もいいので、解禁の儀式に行ってきた。

最近の解禁でおなじみになった近郊の里川。

来る途中、盛岡市内でも田起こしがぼちぼち始まってたのでちょっと心配になったんだけど、来てみたらなんてことなかった。

って、この川、代掻きが始まると泥濁りで釣りにならんのです。

来週あたりから濁るかな(笑)

春風未だ寒く、ドライじゃねえべなあ、って訳で、#12のソフトハックルで釣り下り。

Dscf0491

サイズはともかく、稚魚放流魚じゃないので勘弁して(笑)

この時期でもデカいソフトハックルに果敢にアタックする、稚魚放流じゃないのがうじゃうじゃいるのに

トップシーズンになるとパタッと魚の存在感が無くなるんですね。

いつものことながら、6月のベストシーズンに抜かれちまうのです。



これくらいの規模の川だとあっという間ですね。



毎年の稚魚放流魚+自然繁殖の稚魚が春先に遊んでくれるだけ。

最近寂しい気持ちになる解禁が続いてます。


閑話休題。

Dscf0494

今シーズンもいよいよスタートです。

みなさまよろしく!

2014年3月28日 (金)

2014年未だ解禁せず(笑)

お久しぶりです。

ブログ完全放置ですみません。

私の解禁は来月になりそうです。

全券申し込まなきゃ(笑)

2013年3月 2日 (土)

【祝】解禁!!

いやあ、このブログの更新も久しぶりです。
放置してすみません。ついに解禁しましたね!

みなさんは購入されてることと思いますが、ワタクシ毎年恒例、未だ年券は申し込んでおりません(苦笑)。
始動は4月からになりそうです。仕事でドタバタ、忙しいのは良いことなんですがね。

今シーズンもヨロシクお願いいたします!

追伸。Twitterとの連携を実験中。。。。

2012年9月22日 (土)

閉伊川 Part 2

Dscf0393_3

久々の釣行。モーリさんと閉伊川水系に出かけてきました。
早朝の峠の気温は10℃(苦笑)ついこの間まで20℃超えていたのでまるで冬の到来。

Dscf0389

連日の真夏日猛暑日続きで閉伊川は当然のごとく減水です。魚の反応は全くといっていいほど無し。どこに行っちゃったんでしょうか。

Dscf0387

結局こんな対岸の巻きも留守。途中退渓で山の上に行くことにしました。

Dscf0397

天気はいいけど気温がそれほど高くないので爽快です。裏道飛ばして山の上に移動します。到着すると餌釣り師が一人、ルアーマンが一人。しばらく休んで入らせてもらいました。小さなプールに良い型が浮いています。早速流すと

Dscf0398

ヒレが真っ赤なオス。これは9寸5分。まだ浮いてるので立て続けに

Dscf0402

こちらもオス。ちょうど尺ありました。

調子に乗って3匹目を狙って待っていると、ふと見ると30mくらい先のところをクマが2頭渡って行きました(大汗)。正直これだけ近くで目撃すると体が動きませんね(苦笑)。当然写真を撮る余裕なんてありません。3匹目はスレていて、フライをキャストした瞬間に白泡の下に隠れる始末(笑)。キャストを休むとまた出てきますがフライをキャストできません(苦笑)。尺上なんですがね。

気を取り直しちょっと下流の流れで定位する魚を狙うとドライですっぽ抜け。それ以降全く反応しなくなってしまったのでソフトハックルに取り替えて粘ると出てくれました。

Dscf0415

こちらは9寸ちょいくらいのオス。私はこれで十分満足。その後モーリさんがイブニングで数匹取った後、止められなくなるからと納竿。久々にいい釣りができました。多分これが今シーズン最後の釣行となると思います。

みなさんまた来シーズンお会いしましょう!!

2012年6月14日 (木)

閉伊川 Part 1

Pict20110527_057

今季初の閉伊川。
夕方からの仕事になったので、真昼間から2時間ほど偵察に行ってきました。

Pict20110527_046

ここは久しぶり。
人が入ってることは稀なポイントなので大丈夫だろう、と早速流すとやはり流心に入っていました。
閉伊川のヤマメはすっかり盛期を迎えております。8寸。

Pict20110527_049

ブブブと飛んできて体に体当たりして水面に落ちた蝉。
ヒメハルゼミかな?

Pict20110527_051

こちらも流心からガバッと出てきました。
やはり人は入ってませんね。9寸。

Pict20110527_047

結構減水してますので一雨欲しいところ。
下流の通称涸川は水が無いらしい。

Pict20110527_056

あっという間の2時間。
久々にいい型を見られたので大満足でした。

«再度、わっか!